Skebのリクエストに感謝を

________

9月21日。

Skebを始めて、10日あまり。早くも4件ものリクエストをいただいた。

本当に光栄に思う。金を出してまで自分に絵を描いて欲しいと望んでくれる方々がいるなんて。

有難いと思う。勇気づけられる。励まされる。

リクエストをくれた全ての方々に、心からの感謝を伝えたい。

________

…とは言え。

忸怩たる思いなのだが、いまだそれらのリクエストに承認の返事ができていない。

今はまだ作画の習慣がきっちり出来ていないから。

________

自分にとって、作画とマラソンは非常に似てる。

マラソンはわかりやすい。走らないと走れなくなる。

過去にフルマラソンを2回完走してるんだけど、つい最近まで300メートルも走れなくなっていた。走る事をサボっていると、自分でもびっくりするほど走れなくなるのだ。

作画もしかり。

画力や作画体力は、日々の生活の中で描く事を続けていかないと失われる。ありていに言えば『描かないと描けなくなる』のだ。

________

…そんなわけで。

今は作画習慣の再開をこころがけている。

________

Skebは基本、クライアントとクリエイターとの交流や交渉が運営側によって禁じられているので、お互いの事情を伝えることがなかなかできない。

いまだ返事をしていないのは、無視しているわけではなく…。

その依頼を保留していたい、という未練がましさゆえのこと。

…いや、実際。そういう情けない事情ゆえの事なのですよ。

________

そんなこんなで。

この日記がまだ返事ができていない依頼者の方々の目に届くことを、心から願いつつ。

依頼してくださった方々には、この場を借りて「もう少しお待ちください」とお伝えしたい。

________

いえ、その。ホントに。

申し訳ありません。…ですが、もう少しだけ…。

お待ちください。

________

タイトルとURLをコピーしました